注)記事の日付は太陰暦を用いております

2004年09月05日

嗜好の変化

文月二十一日 長雨
 雨足が途絶えて窓を開けると、網戸の目の隙間から忍び込むように秋の音と風が届いてくる。セミ時雨はいつの間にかコオロギにとって代わり、夕暮れの空気はTシャツ一枚には涼しすぎるようになった。不意打ち気味に襲う猛暑パンチには少々辟易するが、秋は確かにすぐ傍に来ている。

 友人の紹介で、「あなたがつぶやく最後の言葉」を占うというサイトで遊んでみた。小生は、走りすぎて過呼吸をこじらせ、『つぼは花瓶にも骨壷にもなるよ…』と最後につぶやいて死ぬらしい。それはまあそれで良しとして、その占いのアンケートに「自分に最も相応しいと思う季節」を選ぶという設問があった。私はなんとなく、秋を選んでいた。少なくとも数年前までは確実に夏を選んでいた筈だった。夏生まれの夏男、そんなつもりの自己意識は、どうやら秋の魅力になびいているらしい。この変化に少なからず驚いている。先にあるのは収穫の秋かはたまた落葉の秋か。黄金の秋ってのも悪くない。


本日の農作業:秋蕎麦(赤蕎麦)の残りを播種
posted by 学 at 19:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすが。。。。
動物占いで「ペガサス」だっただけありますな。
普通じゃ考えられない言葉だ。

小生、「あなたに会えて本当によかった」でした。
先立つのねん。
Posted by 助手K at 2004年09月05日 23:19
僕は秋男になるのかな。
あと2週間もすれば誕生日。

夏から変わるとき。
だからなんとなく、切なさって僕の中に居場所をみつかたかのように居るのかな。

今日から東京。
台風が吹き荒れている沖縄。飛行機は飛ぶのでしょうか。
Posted by イッキ at 2004年09月06日 05:39
二人とも
「もう何がなんだかわからない」
といって、もうろうとした意識の中死ぬって
英輔とはぜんぜん違うキャラだと思ってたのになぁ

お前が秋ってうそだ

Posted by えいすけとゆうき at 2004年09月14日 23:06
俺は「お、おまえ・・はまき食いたくないか?」って言って死ぬらしい。
や・・やだな。そんな最後の台詞。

1月カンボジア計画、どうするよ?
Posted by ryuichi at 2004年09月15日 15:10
「今まで本当にありがとう」だって。サイコー。

で、カンボジア!?いくいく!!
Posted by taka at 2004年09月16日 13:28
きびちい!
takaのマイレージくれ。

えいすけ>冬もいいよね
Posted by 学 at 2004年09月16日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック