注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年08月09日

おひさしぶりです

文月五日 薄曇り

 二日前に二十九回目の誕生日を過ごした。何はともあれ生きる喜びと供に参りましょうぞ。

 少しのあいだ江南を離れており、戻って一番気にかかるのはやはり田んぼの様子である。見栄を張ってではなくね。連日の猛暑の記録を眺めるにつれて水位やら雑草やらの心配をしてはいた。果たして…。




 結論、全て順調なり。


 050809minamo

 水面に、雑草の成長を抑えられる水草や藻が広がっている。

 
 050809bunketsu

 分蘖(ブンケツ)はもはや数えられぬほどに勢いを付け出した。(20日前からの進捗を見よ!)


 そしてなんと、、、家主のいない田んぼにどこからかの鴨が住み着いているではないか!

 050809kamo

 草の伸びた畦道を見歩いていると、足元から得体の知れない物体がガササササッと飛び出した。田んぼの水面を慌てふためいて駆け抜け、隣の田んぼへ。なんとまあ、生命溢れる場になったものだ。いらぬ家主が戻って落ち着かぬだろうこの田にはあの鴨はもう帰ってこないだろうか。捕って食べやしないから、こっそりまた遊びにおいでや。(写真は昨年からの転用ではございませんのであしからず。)


 心がフル充填の休息を経て、いよいよ初秋へ。


【立秋】…初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧)
     この日から立冬の前日までが秋。一年で一番暑い頃であるが、
     一番暑いと言うことはあとは涼しくなるばかり。
     暑中見舞いはこの前日まで、この日以降は残暑見舞い。
     ※読み:リッシュウ(今年は8月7日より)
     <参考:こよみのページ


posted by 学 at 14:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 田の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お誕生日おめでとうございます。
田んぼの調子も良いようで・・・。
猛暑・少雨で私の畑はちょっとまいってきてますが、何が雨が少なくても強いのかがはっきりするので勉強にはなりますです。
Posted by yoyo at 2005年08月10日 22:21
遅れましたが、誕生日おめでとう。お互い30にリーチですが、ちょっと焦る程度に頑張りましょう。今年こそそっちに行って、君のメシをご馳走になりたい。
Posted by 英輔 at 2005年08月10日 22:27
どうもどうも。
>yoyoさん
安曇野も暑いのでしょうか。勝手に避暑地のイメージ大でうらやましがっておりました(真夏に訪問したことないのです)。少雨に強い作物、ぜひ教えてください!

>英ポン
そっちにも遊びに行きますわ。互いに肩叩き合って頑張ろうや(なんか嫌な表現だな…)。
Posted by インチキ at 2005年08月12日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック