注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年08月20日

日々是好日

文月十六日(満月) 晴れのち夕立未遂 

 田んぼ。いち早く、○○モチ(名称公開禁止)が出穂をはじめた。植え始めの早いイセヒカリはブンケツが素晴らしい。一本植えの苗たちは、隣の慣行農の稲(機械植え=4〜5本?植え)の株の太さに負けずとも劣らじ。耕さず、肥料も農薬も使わず、虫や草と共に育てる自然農だって、ここまでは負けてはないようだぜ。

 畑。気後れしつつも、それなりに頑張っているものもある。オクラ、きゅうり、すいか等はそれなりに実をつけるものも見られ、トマト、大豆、サツマイモ、里芋、菊芋等はそれなりに成長の様子を見せてはいる。ただなあ、雑草の手入れがなあ。適時適時が要の自然農。乾燥か、土が豊かに整っていないのか、雑草か、虫か、一筋縄ではいかねえなあ。


 050820shussui
 稲穂が花をつけだす


 050820daizu
 もっさり茂る大豆


 050820okura
 収穫時期を逃したオクラちゃん



 「甲子園が終わるとひと夏が越えたという感じがするわね。」大家さんに頼まれての草刈りを終えて、立ち話。夕方が似合う季節になって来た。

 満月の南空、晴天の花火大会。耳を澄ますとコオロギが響く夜が訪れている。
posted by 学 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 自然農のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え? オクラって下から上に向かってなるのか!
バナナを見た時もびびったけど、オクラにもびびった。
Posted by yoshiharu at 2005年08月24日 21:13
そうなんだわー、オクラ。下から上に伸びるのって、生命力感じていいよね。ちなみにパイナップルの実のつけ方もカナリ衝撃的だぜ。沖縄行ったらそこいらに生えてるさ〜。

>イッキ次回写真頼む。
Posted by インチキ at 2005年08月27日 00:42
写真、探してみたけど、これまた不思議。なかったわ。
ふつーに、みてた、パイナップルだけに、撮らなかったのかなぁ。
シーズン終わってしまっているので、また来年。
必ずお届けしまっせ。
Posted by イッキ at 2005年08月29日 04:20
ういっす。写真、今年はシーズン終わったから、来年撮ってお届けしまっせ。
はじめてみたら、衝撃的かもしれないね。
あまりにも普通に日常の風景として 身の回りにあったから
写真にも収めていなかったかも。改めて日常に目を向けていこうと思ったよ。
Posted by イッキ at 2005年08月29日 04:21
イッキとインチキが並ぶとまぎらわしいので今回は平仮名で、と意味のない遊びを。

夏の終わりが近づいてくるこの頃、セミの声が一番心に沁みるのだが、あの音だけは写真に収められないよなあ。イッキの挑戦待ってます。
Posted by いんちき at 2005年08月30日 12:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック