注)記事の日付は太陰暦を用いております

2007年11月03日

あふれる

長月二十四日 晴れ

 午前中、しばらく放っておいてセイタカアワダチソウアメリカセンダングサ(どちらも帰化植物で風情に欠けるのだが)に占領された区画を気合いで刈り倒す。セイタカの茎は木質化して硬く、センダングサ(別名ひっつき虫)の花と種子は衣服にやたらとまとわりつき、はなはだ苦労した。背よりも高く生い茂る草山を刈り払い機で倒し進むと、時々足元にごろり、とカボチャを踏みつける。盛夏に取り残し、忘れられて埋もれたままに久しぶりの再会を果たす君達が、晩秋の草刈りの楽しみの一つではある。旬を過ぎて肥大させたナスやオクラたちも、種取りのために収穫を進める。ここ数日の冷気で深まりを見せるつくばの秋も今日は少し中休みして、晴天が作業を後押ししてくれた。

 昼にあがって、シャワーとおめかし。午後に大学時代の後輩のウェディングパーティーへ。再会の場にあふれる幸福感がたまらなく心地よく、新婦の笑顔、新郎との握手で、体の芯にパワーを充足させてもらった気がする。つくばの新居、芋でも持って遊びに行くから。今日は本当にオメデトウ!



071103party.jpg




植物雑学辞典・・・雑草はコチラで確認。
  岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科 植物生態研究室の一サイト。さすが研究室、参考になりますね。
posted by 学 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック