注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年09月07日

ひどら?

葉月四日 小雨のち薄曇り 【白露】

【白露】…陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)  
     野には薄の穂が顔を出し、秋の趣がひとしお感じられる頃。
     朝夕の心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が
     混じり始める。
     ※読み:ハクロ 
     <参考:こよみのページ> 


 〜 稲のうえ 夕雲赤し 風の後 〜

 050907yuugumo



 先週末の晴れ間に、大学時代の友人が遊びにきた。勤め先の高校の授業で、顕微鏡観察の為の藻類やヒドラを探しているという。ヒドラのことはわからないが、浮き草や藻はいるかも知れぬと喜んで迎えた。ペットボトルに我が田の水やら草やら藻やらを集めて遊び、しっかり畑作業も手伝わせた。写真に撮るのは忘れたのだが、いつもとは違う視点で田んぼの中身を眺めたのもまた一興。観察結果は報告するように、先生。お待ちしております。
posted by 学 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 田の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
台風一過の空をいろんな人が写真に撮っていたけど、
建物がないと、いっそう大きく感じられるね。
Posted by acha at 2005年09月08日 08:27
先日は、田んぼの水ありがとうございました。
観察結果について報告しますね。
ヒドラはどうやらいませんでした。
水草にはびっしり単細胞藻類と思われるものがくっついていて、私は面白いなあと思ったのですが、生徒の反応はいまいちでした。
ミジンコはたくさんいて、せっかくなので、生きているまま観察しました。動き回るミジンコに生徒は大騒ぎで、まるで生きてるみたいだね、なんて言いながら、それなりに楽しそうでした。生きてるんですけどね・・・。というわけで、ご協力ありがとうございました。また、よろしくね。
Posted by ヨシコ at 2005年09月16日 20:58
ヒドラいなかったかあ。生きてるミジンコが見られてよかったよかった。そういえば今日は、水路に蛇が泳いどったよ。蛇にはさすがに、びっくりしやした。
Posted by インチキ at 2005年09月24日 01:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック