注)記事の日付は太陰暦を用いております

2007年11月22日

ボウボウ

神無月十三日 晴れ 

 ビュウビュウ吹き荒れる木枯らし。平日に押しかけてきた友人達をフルに利用して、一人ではやる気が遠のくようなビュウビュウの中、遅きに失する感ありありの小麦の脱穀と、昨年収穫米の籾摺りを強行した。
 昨日は、芋掘りに雑草退治に連れまわす。体を動かしたいという希望と自然農ってなんだよ?という疑問への回答だと嘯いて、大盛り食堂をエサにしっかり「楽しんで」もらった。

 ビュウビュウにかじかみながらも、脱穀作業の後ろで焚き火と焼き芋も慣行。ボウボウに焚く。ボウボウに。あったかくて、うまくて、なんとかしっかり作業が進む。

 071122takibi.jpg  071122samui.jpg

 いやあ、やっぱ焚き火だよ、焚き火。
posted by 学 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 友と共に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック