注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年09月23日

秋分の田

葉月二十日 晴れ時々曇り時々雨 【秋分】

 今週月曜日に夏日を記録したあと、すっかりと秋めいた一週間となった。暑さ寒さも彼岸まで、お彼岸の中日、秋分の日の今日である。

 【秋分】…陰陽の中分となれば也(暦便覧)
      暑い日は減り代わりに冷気を感ずる日が増える。
      昼と夜の長さがほぼ同じになることで、この日は
      秋彼岸の中日でもある。秋の七草が咲き揃う頃である。
      ※読み:シュウブン 
      <参考:こよみのページ

 
 050923shikokuen

 秋本番の入り口に、最後の最後の晩生種、紫黒苑が出穂(しゅっすい)した。これでようやく田んぼの水を落とすことができる。いつまで水を張ればいいか、いつから水を落としていいか、二年目のインチキ百姓には難問でもあったが、昨年参加した丸ヶ崎自然農の会でにわかに覚えた記憶が残っていた。曰く、最後の晩生が花咲けば落水の時期と。これでようやく、武蔵野自然農田圃、稲穂の揃い踏みである。

 緑米は黒穂を鮮やかに濃く彩り、

 050923midorimai

 最早生の若草モチ(陸稲種)は黄金色を染めだす。

 050923wakakusamochi

 
 出穂から60日後が稲刈り。あと一ヶ月。


posted by 学 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 田の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 秋分秋分(しゅうぶん)は二十四節気の1つ。9月23日ごろ。および、この日から寒露までの期間。八月中。天文学では、太陽が秋分点を通過した瞬間、すなわち太陽の視位置|視黄経が180度となった瞬間を秋分と定..
Weblog: 天文・宇宙を知る
Tracked: 2007-07-27 04:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。