注)記事の日付は太陰暦を用いております

2004年10月04日

峠の釜「栗」飯

葉月二十一日 雨
 昨晩の栗御飯が思いのほか成功。栗が最高に甘い。

 041004kurigohan

 江南地方の名産品は栗とブルーベリーと広報されているが、それも頷けるほど、わが畑も栗畑に囲まれている。今年は猛暑の影響だろうか、はやくも8月下旬から茶色に日焼けしたイガ栗が実を落とし始めていた。今回の栗も、大家さんのご提供。いつも美味しいものばかりで、感謝するばかり。

 さて、昨年京都で作ったコシヒカリと旬の栗をおいしく纏める名脇役が、峠の釜飯の「釜」。素材が陶器なのでそのまま炊飯に使える、一粒で一生おいしいお土産といえる。昨年から釜で炊くごはんのおいしさには傾倒していたが、この「釜」のさらに嬉しいのは一合炊きで一人暮らしに最適なところ。今後も、重宝度上位の予感、大。


峠の釜飯でご飯を炊く … オフィシャルHPで丁寧に紹介あり。
                ↓↓
            041004kamameshi
           もちろん「釜飯」もあいかわらずの美味


※簡単な栗ご飯のレシピはこちら … yahoo!グルメレシピ - 栗ご飯


posted by 学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の喜び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。