注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年10月01日

悪寒ブルブル

葉月二十八日 晴れ   

 周囲の田んぼは一斉に稲刈りを終えだした。慣行農の水田はコンバインが駆け回って、今年の収穫をどこかに持ち去っていく。

 わが自然農の田んぼはもうしばらくねばる。地面からはすっかりと水気が落ち、これから数週間、稲穂がジリジリと枯れ始めるまで待つ。もうしばらくねばるということは、もうしばらく稲を刈らないということで、もうしばらく稲穂が田んぼに残るということ。(何をあたりまえのことを。)しかし周囲の田んぼは刈り取りが終了、スッカラカンのなにもない土地になってしまう。となると否が応でも気にしなければならないのが、毎朝毎夕に窓の向こうから聞こえてくるスズメちゃんの鳴き声となる。そう、今や奴らの餌は我が自然農田に集中されるやも知れぬのだ。悪寒ブルブルとはこのこと、一年の収穫を無駄にされては溜まるものか。

 かくしてインチキ百姓は、一週遅れのスズメ対策第一弾として、紐を走らせることとなった。紐はもちろん自然に還る、天然素材の麻紐を利用して。

 051001asahimo

 もちろんこれではスズメ避けの屁のツッパリにしかならないだろう。被害状況の程度を逐一観察し、避難レベルが上がれば、鳥避けネットの出動も緊急に手配しなければなるまい。できれば張らずに済ませたいを願うぐうたら心は、スズメにはお見通しなんだろうなあ。


posted by 学 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 田の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こら、キビシイな。
紐に、止まって、食うな。たぶん。
すずめの食い分は、
「すずめ税」と、呼びます。
そっちは、高そう、ね。
Posted by ほほほ丸が崎将軍 at 2005年10月05日 02:22
キビシイっすねえ。
案山子、ネットと徐々に進めてまいりまーす。
Posted by インチキ at 2005年10月07日 20:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。