注)記事の日付は太陰暦を用いております

2008年02月18日

顔を出す頃

睦月十二日 晴れ

 確定申告の手続きがスタートしたと、車のラジオから聞こえてきた。無視無視、と行きたいところを現実が引き戻す。ああ、残り一ヶ月。初めての申告、がんばろうっと♪


 この数日よりも風が穏やかになった今日、昔の畑に戻りひと作業。樹木類の移植の準備をしながら枯れ草の中を歩くと、ようやく今年のアイツに出くわした。どうしてだか春を待ちきれずに、毎年この手足が凍えるこの季節に顔をのぞかせる、初春の申し子、フキノトウ。しばしのあいだ移植を忘れ、ほくりと柔らかく摘み取り、ポケットに忍ばせる。吉瀬の畑の北側に元より自生していたもので、しばらくすると一面がフキに覆われる為、この冬に数株を引越しさせてもらっている。引越し先では根付くのに精一杯で今年は難しいかもしれないが、生命力が猛々しいフキには是非とも居座ってもらいたいものだ。


 080218him.jpg


 肝心の木の植え替えも、なんとか忘れずに車に乗せることができた。お茶の木、枇杷、紫陽花、葉山椒(山椒の雄株です)、枯死寸前の無花果(イチジク)など、二年の間に人知れず植えてきたものを色々と。今日は畑から根っこを掘り出すところまで。明日、農園の畑と、家の庭にそれぞれを植えてみる。
 
 樹木類の移えつけは、確定申告とフキノトウが顔を出す頃がよし。冬から春にかけて種類によってもまちまちでもあるが、種播きシーズンを迎える前にできる、楽しい作業のひとつである。


 ああ、また確定申告のこと思い出してしまった…。領収書領収書…。
posted by 学 at 22:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 畑の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
春の訪れって幾つになってもわくわくするよね。こちらはまだまだ銀世界なのだけど、昨日は雛人形も出したし、せめて気分だけは春めいてきました。フキノトウは天ぷらですか?
Posted by 頼子 at 2008年02月22日 05:11
雛人形か〜。昔、実家の姉の人形を見てやたらに菱餅を食べたかった記憶がよみがえるよ。
元来ひな祭りも、旧暦の桃の節句(弥生の三日)に行われていたので本当なら、今の
3月下旬〜4月中旬の行事。ちょうど桃が咲く頃なんだよね。シカゴにも桃の花はあるかな(笑)?
んなことはどうでもいいけど、雛人形で気分が春めくって、なんか素敵。ご近所さんにも
人気がありそうだなあ。

最初のフキノトウは、濃い目の甘辛味噌で炒めてビールのおかずにしました♪
ビールに最高じゃ。
Posted by インチキ at 2008年02月23日 01:14
春の恵をありがたく頂戴仕ります。
Posted by yama at 2008年02月23日 09:19
フキノトウ、集合日の前日に採取しておいて、後でみんなで食べましょうか♪ 朝イチで誰か取ってきてくれてもいいな〜(笑)。

なんつって。
Posted by インチキ at 2008年03月01日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック