注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年10月23日

仕切り直し

長月二十一日 【寒露】 快晴 

 051023haze


 さあ、晴れた。実りを、刈り、縛り、掛けて、干す。 あとは、待つ。


実りを(今日は赤米)、、、、

  051023akamai 


刈り、、、、

  051023karikabu
  

掛けて、、、、

  051023hazekake


干す。(完了したら夕暮れでした。)

  051023yuugure


 これから数週間、実りを収穫に移す日々が続く。

 今日は、「自然農」についてなどはどうでも良かった。何はなくても、稲刈りの喜びで十分だったから。写真撮りまくりで作業。そういうこと♪


 
 【霜降】…つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)
      北国や山間部では、霜が降りて朝には草木が白く化粧をする頃。
      野の花の数は減り始める、代わって山を紅葉が飾る頃である。
      ※読み:ソウコウ
      <参考:こよみのページ




posted by 学 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 田の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
喜び十分なそのお米、待ってますよ。
Posted by eisuke at 2005年10月28日 00:51
うわー晴れましたね。羨ましい。

まだ稲刈る余地がありましたら、
リベンジさせてください!

Posted by 二の腕 at 2005年10月30日 09:18
>エイポン
まずは作りに来なきゃあかんぜよ。味見は、それからそれから。といいつつも、いつもの鍋のお礼に持っていくけどさ。また行くし。


>二の腕氏
忘れていたけどそういえば稲刈りできなかったもんね。余地はまだまだありまっせ。
Posted by インチキ at 2005年11月03日 13:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック