注)記事の日付は太陰暦を用いております

2004年10月21日

キラキラヒカル

長月八日 晴れ
 昨夜の台風23号は、埼玉北部には大きな被害を与えることもなく過ぎていきました。
 さて、雨がたっぷり染み込んだ畑に顔を出すとキラキラひかる水面があちこちに。農作業の経験があまり無い方はピンとこないかもしれないし、自分もそうであったのだが、畑にも水溜りは出来るのである。特に周りより低い土地にある畑では、排水をきちんと考えていないと大雨の後の通路(畦「あぜ」)にたっぷりと水が溜まってしまうことがある。今年の梅雨が空梅雨だったのをいいことに排水対策をいい加減にすると、こういうことになる。雨が多すぎると苗を育てている畝「うね」の上まで冠水することもあるのでご用心。大根、カブなどは、冠水に弱いからなおご用心。我が畑の一部、大根、カブの畝は見事に冠水して、南無三。突貫工事の排水路で、少しは水が流れると良いんだけど。。。

 041021mizutamari

 あ、丸ヶ崎の稲木は、大丈夫かなあ?


posted by 学 at 16:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 畑の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
びくともしてませんよ。
堂々と田んぼの中に立ってました。
Posted by 山本@丸ヶ崎 at 2004年10月21日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。