注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年10月25日

説得力

長月二十三日 晴れ 

 赤米に続けて、今日は黒米と○○モチ(名前は省略)の刈り取りを行った。一人作業でのペース配分が身についてきた。程よい時間間隔で着々と進めていく行為もなかなか楽しい。

 自然農の田んぼといっても、草取り(根を抜くことにこだわらずに、稲の邪魔にならぬように刈ったり倒したりでも構わない)を夏に数回行っただけであるが、収穫を迎えた稲たちの根元はご覧の通りのトンネルである。言葉以上に説得力があるではありませんか。

 051025tunnel


 もちろん、無農薬、無化学肥料。その証拠は、影の主人公たちにもお墨付き。
 
 
 051025inago

 おまえはイナゴか?


 051025kaeru

 あなたはカエル♪
 

 たーのしいのうー。
posted by 学 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック