注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年11月03日

モゾモゾ発見

神無月二日 晴れ

 遠ざかっているような気のする畑でも、秋の命は少しずつ育っています。

 10月に雑草の生い茂る畝へ種をばら蒔き、その後で草を刈りその衝撃(刺激?)で重力に任せて種が落ち、その上に刈った草を振り掛けた。たったそれだけの秋の種まき。そして種の力に任せること(放置?)すること一ヶ月。冬野菜たちがゴソゴソモゾモゾと顔を覗かせ始めた。ホント、こぼしただけなのに。

 
 カブが一番元気かな?

 051103kabu


 冬菜(名前失念…)も頑張ってる♪

 051103fuyuna


 昼夜の寒暖の差が大きくなってきた。おいしく育つかな。虫に食べられずに強く育ちますように。
posted by 学 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック