注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年11月16日

あがれ

神無月十五日 晴れ

 月齢をみたら今日は十五夜だった、と友人からメールが入っていた。そうそう、今日は満月だよね。自分なりの気の持ちように利用しているだけではあるが、月の満ち欠けは人の気持ちに少しは変化を与えるのかもしれないと思っている。とはいえ、それがうまくまわる時とまわらない時もあるもので、今月はそんなに満ちてないかなあ。といった今日この頃。

 嬉しいことがあったり、楽しいことが近づいていたりして自分を奮い立たせようとしても、どうしてもぬるい方ぬるい方に逃げてしまう最近。誰も強制しないし、誰も悲しまないし、自然農の農作業なんてそんなもんでもある。

 冬の匂いが近づく風のせいだろうか。東京のネオン街に吹く風よりも、江南のあぜ道に吹く風のほうが、余計に物寂しさを感じた。夕方、日が暮れて窓を見上げると、部屋の電燈が今宵の満月にそっくりに映って見えてちょっと笑った。はやく、僕の満月もあがれ。

051116mangetsu


posted by 学 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。