注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年11月20日

最後の完熟

神無月十九日 晴れ

 稲刈りを進める。「旭竜」という白米の種類を今日刈り終えた。「イセヒカリ」よりも若干成長がゆったりめで、背が15cm程高い。分ケツ量が多く、多い株では茎が四十本近くにも分かれている。収穫量と味はまだわからないが、なかなかよさそうな感じがする。この地があっていたのかもしれないが、この太さは単純に嬉しい。

 風が穏やかになってきた午後、畑に足を運ぶ。畑は冬モードへの準備が着々と進んでいる様子。ここ数日で霜でも降りたのだろうか、夏野菜たちの葉、茎はしおれて、収穫し忘れた者達が悲鳴をあげている。おそらく最後になるであろう、完熟トマトをもぎ取り、種用にと残して採り忘れてしまっていた大豆をかき集め、対照的に勢いをつけてきた葉もの(水菜や小松菜など)の間引き菜も籠に入れる。サツマイモ、サトイモ、は完全に茎が枯れて、土の中に成果を掘り出されるのを待っている(はず)。
 こうして晩秋の畑で冷気に枯れはじめた野菜たちを見ると、今期の農作業がそろそろ終わりに近づいてきたことを感じる。米作りに追われて畑が少々疎かになったことを少しだけ後悔し、来期の皮算用が頭に浮かんでくるようになった。土を育てて二年か。まだまだこれからだよなあ。
 
 051120kanjuku

 今日の美味しさをパッケージ。
posted by 学 at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 畑の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
根菜類の掘り出し作業、お手伝いさせていただきます。芋掘りは、実は幼稚園以来だということに気が付きました。江南では紅葉狩りもまだ間に合いそうですか?
Posted by P at 2005年11月25日 16:12
芋掘り、順調に済みましたね。良く成ったもの、姿が見当たらないもの等々、昨年よりは少しだけ上向きの収穫になりそうですよ。あと3分の2ほど、残っているなあ。ホクホクホク。
Posted by インチキ at 2005年12月06日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック